レディー

30代は化粧品の選び方がターニングポイント|誰もが羨むお肌

ビタミンcで輝く素肌に

容器

ビタミンc誘導体を配合している化粧水を使用するに工夫によって、有効成分の浸透率が高くなるメリットがあります。ビタミンcには、体内の抗酸化作用やメラニンの生成を抑える効果があります。しかし、ビタミンcそのものは、経口による摂取にのみ効果を発揮します。そのため、ピンポイントで威力を発揮することは難しい成分です。よって、化粧水などのスキンケア商品に配合する場合は、ビタミンc誘導体として用いられます。ビタミンc誘導体は、ビタミンcを皮膚に吸収されやすい小さな分子に加工しています。ビタミンc誘導体は、肌の奥深くに浸透して、新陳代謝の活性化や色素の生成を防ぐ働きをします。そのため、シミやくすみを防いで、透明感あふれる素肌に導きます。

ビタミンc誘導体配合のスキンケア商品には、美容液や乳液などがあります。その中でも、とくに化粧水の需要が高まると予測できます。化粧水は、洗顔後の肌に最初に用いるアイテムです。そのため、肌が最も吸収する成分になります。よって、ビタミンc誘導体を配合した化粧水の役割は重要です。また、皮膚へ浸透率が増した商品が開発されると考えられます。ビタミンc誘導体を用いた化粧水には、ローションタイプとクリームタイプがあります。ローションタイプは、皮膚に浸透しやすい一方、表皮にはじかれやすい特性があります。クリームタイプは、油分を加えて肌への密着性に優れています。しかし、オイリー肌の人には不向きな場合があります。そこで、双方の良さを生かした商品の研究が進むでしょう。